地球の特徴

今回は私たちがすんでいる地球についてです。奇跡的に生命が生きれるような環境があるのがこの地球です。

それでは地球の特徴についてみていきます。

地球

英語:アース

唯一生命の存在する奇跡の星

地球は太陽から3番目に位置する惑星で、太陽系のなかで唯一生命が存在している惑星です。液体の水が存在し、地表表面の7割を水が占めています。地球は太陽からの距離が丁度いい位置にあるため、水が存在できています。地球は生命が活動に必要な液体の水が存在することから、同じような条件の惑星があれば、生命に必要な水が存在するとされています。生命が誕生するのに最適な範囲のことをハビタブルゾーンといい、この範囲であれば生命の発生条件を満します。いまのところこの範囲にある惑星は地球以外には確認されていません。

絶妙な角度により四季が存在している

地球の自転軸は23.4度傾いており、そのため四季が生まれました。自転軸は月によってその傾きが安定しています。仮に月が存在しない場合地球の自転軸がふらつき、今のような人が住める気候ではなくなっているとされます。

大気は生命を守る防御壁

また、地球の周りは分厚い大気でおおわれており、生命にとって有害な紫外線やX線を防ぐ働きがあります。さらに、地球は磁気圏と呼ばれるものがあり、これらは大気では防ぎきれない太陽風や宇宙線などを防いでいます。地球は大気と水があることで適度な温度に保たれ生物がすみやすい環境となっています。

宇宙には無数の地球のような星がある!?

銀河系には太陽のような恒星が2000〜3000億個あるとされる。そのため、地球と同じような惑星もたくさんあると考えられている。もしかすると、この宇宙には地球のような惑星が何個もあり、その中で私たちの同じような人類が生活しているのかもしれませんね。